当院では、負担の少ない
日帰り手術を行っています。

医療の進歩に伴い、眼科疾患の手術は日帰りでも可能なものが多くなりました。患者さんの負担をなるべく軽減するためにも、十分な事前検査と丁寧かつ最小限の時間で手術を行うよう心がけています。白内障の日帰り手術をはじめとして、硝子体手術や緑内障手術、レーザー治療などのご相談もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。

  • 当院では、入院を必要としない日帰り白内障手術(眼内レンズ挿入術:濁った水晶体を吸い出して人工のレンズを挿入する手術)を行っております。患者さんの眼に負担がかからないよう、出来る限り短時間で手術を行うよう努めています。 題なく手術を行うためにも事前に次のような検査を行いますのでご了承ください。

    手術前検査
    眼底検査(網膜の状態を確認するための検査です)
    細隙灯顕微鏡検査(水晶体の濁りの状態を確認するための検査です)
    角膜内皮細胞検査(角膜の内皮細胞の状態を調べるための検査です)
    眼軸長検査(眼内レンズの度数を決めるための検査です)
    その他、問診や血液検査など必要に応じて事前検査を行います
  • 手術の手順(眼内レンズ挿入術)

  • 眼内レンズについて

    前述したとおり、手術の前に眼軸長検査(眼内レンズの度数を決める検査)をおこないます。保険診療可能な単焦点レンズ以外に、保険適応外となりますが、多焦点レンズ(遠近対応)や、三重焦点レンズ(遠近および中間距離対応)なども選択することができます。検査時に、それぞれのレンズについてのメリット・デメリットをご説明した上で、ピントの位置についてのご希望を伺います。分からないことやご不安な点がございましたら、遠慮なくご相談ください。

  • 術後の経過について

    白内障以外の疾患を合併していない方のほとんどは、手術後は術前より良好な視力が得られることが期待できます。ただし、手術直後は炎症が起きたり、安定するまで見え方に違和感を感じられることがあり、視力の回復にも個人差があります。また、後発白内障などの合併症の発症にも注意が必要です。そのため、手術後も定期的な検査を行いながら経過観察していきます。
    眼鏡の処方をご希望の方につきましては、1ヶ月程度たって見え方が安定してから処方させていただきます。その他にも何か気になる症状があれば、定期検査の日程に関わらず来院されるかクリニックまでお電話下さい。

Other Surgeryその他手術

当院では、白内障手術の他にも以下のような日帰り手術を行っております(硝子体手術に関しては、今後行っていく予定です)。ただし、医師が入院が必要と判断した場合には、入院施設のある関連機関に紹介させていただく場合もございます。お一人お一人の症状やご希望にあわせて、治療計画を一緒に考えますのでまずはご相談ください。

  • 霧粒腫手術
  • 翼状片手術
  • 下眼瞼内反症手術
  • 眼瞼下垂手術
  • レーザー光凝固治療
  • 緑内障手術
  • 硝子体手術