お子様の近視にお悩みの方へ

当院では、お子様の近視の進行を抑制することを目的として、低濃度アトロピン0.01%点眼薬(品名:マイオピン)を1日1回点眼する治療を行っております。マイオピンは、近視の進行を遅らせる(眼軸長の進展を抑制する)という点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている治療法の一つであり、シンガポール国立眼科センター(SNEC:Singapore National Eye Centre)の研究に基づいて開発・製造されている点眼薬です。

  • 小児期のうちに、近視の進行を抑制することが大切な理由

  • 低濃度アトロピン0.01%点眼薬の特徴と効果

    元来アトロピン1%点眼薬は、散瞳・調節機能を抑制する目的で使われているものです。しかし、光のまぶしさによる不快感が生じたり、目の遠近調節機能低下による読み書きなどの手元を見る作業が困難になるなどの副作用がありました。
    一方、低濃度アトロピン0.01%点眼薬(品名:マイオピン)は、最適な濃度のアトロピンを点眼することにより近視の進行スピードを効果的に抑えると同時に、アトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。重篤な副作用の報告もなく、近視の進行を平均約60%軽減させる良好な点眼薬と言われています。近視の進行が完全に止まるわけではありませんが、少なくとも2年間継続して使用することで、何もしない方と比べ近視の進行を軽減できたと報告されています。
    この薬の本来の作用により、一時的に瞳孔(黒目)が大きくなりまぶしく感じますが、 数時間で元に戻りますのでご安心ください。

    点眼開始からの期間と近視の進行度

    …低濃度アトロピン0.01%点眼薬:2年に渡る近視進行度 → 平均 -0.49D

    …薬効成分なし(プラセボ):2年に渡る近視進行度 → 平均 -1.20D

  • 低濃度アトロピン0.01点眼薬の使用方法と安全性について

    使用方法は、毎日就寝前に両眼に1滴ずつ点眼するだけです。1か月に1本使用し、定期的な検査を行いながら治療を継続していきます。
    この製品は医薬品製造管理および品質管理基準準拠の工場で製造されており、シンガポール国立眼科センター(SNEC)によるアトロピン0.01%点眼薬を2年間継続した研究により、下記の安全性が確認されています。

  • 参考文献

    Chia A, Chua WH, Wen L, Fong A, Goon YY, Tan D. Atropine for the treatment of childhood myopia: changes after stopping atropine 0.01%, 0.1% and 0.5%(小児近視治療用アトロピンについて、アトロピン0.01%、0.1%、及び0.5%を点眼終了後の変化). Am J Ophthalmol. 2014 Feb(眼科:2014年2月); 157 (2) :451 ‒ 457. e1. doi: 10.1016/j.ajo.2013.09.020
    Chia A, Chua WH, Cheung YB, Wong WL, Lingham A, Fong A, Tan D. Atropine for the treatment of childhood myopia: safety and efficacy of 0.5%, 0.1%, and 0.01% doses (Atropine for the Treatment of Myopia 2() 小児近視治療用アトロピンについて、アトロピン0.5%、0.1%、及び0.01%を点眼した場合の安全性及び効能(進行度2の近視治療にアトロピンを使用した場合)). Ophthalmology. 2012 Feb(眼科:2012年2月); 119 (2) : 357 ‒ 54. doi: 10_1016/j.ophtha.2011.07.031.
    Tong L, Huang XL, Koh AL, Zhang X, Tan DT, Chua WH, Atropine for the treatment of childhood myopia: effect on myopia progression after cessation of atropine(小児近視治療用アトロピンについて、アトロピン点眼終了後の近視進行に対する効能). Ophthalmology. 2009 Mar(眼科:2009年3月); 116 (3) : 572 ‒ 9. doi : 10.1016/j.ophtha.2008.10.020 Epub 2009 Jan 22, Chua WH, Balakrishnan V, Chan YH, Tong L, Ling Y, Quah BL, Tan D. Atropine for the treatment of childhood myopia(小児近視治療用アトロピンについて), Ophthalmology. 2006 Dec
    (眼科:2006年12月); 113 (12) 2285 ‒ 91. Epub 2006 Sep 25.

About Treatment治療と費用について

12歳以下の学童、中等度(-6D)以下の近視の方への治療をおすすめしています。

初回治療費用 マイオピン1本 + 検査・診察 4,600円
1か月後の治療費用 マイオピン2本 + 検査・診察 7,200円
3か月毎の治療費用 マイオピン3本 + 検査・診察 9,800円
  • 本治療は自費診療(保険適応外)です。健康保険や医療費助成制度は適応されません。
  • 初回治療の前に、保険診療で近視を確認してから、後日処方させていただきます。
  • 保険診療と自由診療は同日に受診ができません。近視進行抑制以外での診療は別の日に受診が必要です。
  • 3回目の治療以降は3か月毎の定期的な通院が必要です。2年間は治療を継続されることを推奨します。